【年収500万未満の方向け】仕事ができない人の特長

年収1000万円への道【50.仕事ができない人ほど責任を取りたがらない】

2021/2/28

こんな方にお勧めの記事です。無責任だとよく言われる。 責任を取るのが怖くていつも逃げてしまう。 責任は極力取りたくないが、出世したいと思っている。 年収1000万円への道【50.仕事ができない人ほど責任を取りたがらない】 仕事ができない人ほど、責任を取りたがりません。仕事ができる人ほど、自ら提案をして、責任を持って実行していきます。それをせずに逃げてばかりいると、年収500万円以下から抜け出すことは難しいでしょう。年収1000万円以上の人は、自ら手を挙げて、責任を積極的に取り、結果を残して出世しています。 ...

ReadMore

【年収500万未満の方向け】仕事ができない人の特長

年収1000万円への道【49.仕事ができない人は事務スタッフにあたりが強い】

2021/2/12

こんな方にお勧めの記事です。事務スタッフにあたりがきついと言われる。 事務スタッフに嫌われている。 事務スタッフを味方につけたい。 年収1000万円への道【49.仕事ができない人は事務スタッフにあたりが強い】 仕事ができない人ほど、事務のスタッフさんへのあたりが厳しいです。なぜか、役所だと思い、強い言葉で依頼したり、自分で調べればわかることを聞いています。そういう人の対応は上層部は知っていますので、出世に大きく響くことを理解しておきましょう。恐らく年収500万円以下の方はこういう特徴があてはまると思います ...

ReadMore

【年収500万未満の方向け】仕事ができない人の特長

年収1000万円への道【48.仕事ができない人ほど社内の提出物が遅い】

2021/2/12

こんな方にお勧めの記事です。社内の提出物が遅くて怒られてしまう。 提出物をださないといけないとわかってはいるが出せない。 年収1000万円への道【48.仕事ができない人ほど社内の提出物が遅い】 仕事ができな人ほど、社内の提出物が遅いです。結果を出している人でも遅い人はいますが、そういう人は結果が長続きしません。重要なのでもう一度言いますね。結果を出している人でも遅い人はいますが、そういう人は結果が長続きしません。年収500万以下の人で提出物が遅いという人は、早く治してしまいましょう。 20代若手サラリーマ ...

ReadMore

【年収500万未満の方向け】仕事ができない人の特長

サラリーマンならまずは年収500万円を目指すべき理由

2021/2/12

サラリーマンならまずは年収500万円を目指すべき理由 サラリーマンで年収500万未満の方は、まずは年収500万を目指しましょう。年収は500万円には大きな壁があります。実際数字で見ますと、全国民の70%未満が年収500万円であり、年収500万円以上の人は30%しかいません。年収を将来1000万円以上にしたいという人は、まず上位30%に入ることを目標にしましょう。年収1000万円を目指すためには、まずは通過点である500万円を目指すべきでしょう。 年収500万円になるべき理由 年収が500万円になると生活が ...

ReadMore

【年収500万未満の方向け】仕事ができない人の特長

年収1000万円への道【47.仕事ができない人ほど当日に決裁権者が離席する】

2021/2/12

年収1000万円への道【47.仕事ができない人ほど当日に決裁権者が離席する】 こんな方にお勧めの記事です。当日に決裁者が離席してしまう! 決裁権者をグリップできない! 今回のテーマは決裁権者のハートの掴み方です。仕事ができない人ほど、当日に決裁権者が離席します。話の途中に他の担当者に任せて、決裁権者がいなくなってしまいます。決済権者が離席してしまうと商談が上手くいくことはほどんどないでしょう。私も若いときは、こういう経験をしました。5分くらい話をして、離席をされてしまいました。めちゃくちゃ悔しかったですね ...

ReadMore

【年収500万未満の方向け】仕事ができない人の特長

年収1000万円への道【46.仕事ができない人ほどアポイントキャンセルが多い】

2021/2/12

年収1000万円への道【46.仕事ができない人ほどアポイントキャンセルが多い】 こんな方にお勧めの記事です。正しいアポイントの取り方について知りたい! アポがキャンセルされて困っている。 今回のテーマはアポイントキャンセルについてです。仕事ができない人ほど、アポイントのキャンセルがなぜだか多く発生します。前日や当日にやっぱりごめんなさいとか、当日予定が入ったとか、そういう理由でキャンセルされています。私はそういうことがほとんどありません。なぜ、アポイントをキャンセルされるか、その理由をしっかりと説明してい ...

ReadMore

【年収500万未満の方向け】仕事ができない人の特長

年収1000万円への道【45.仕事ができない人ほどアポ日が遠い】

2021/2/12

年収1000万円への道【45.仕事ができない人ほどアポ日が遠い】 こんな方にお勧めの記事です。アポイントの取り方について知りたい! アポを遠くに設定してしまう。 仕事をする上で誰かとアポイントを取るって、よくありますよね?社内の打ち合わせでも、社外の人と打ち合わせするなどほとんどの人が誰かとアポイント取って仕事をしていると思います。そのアポイントを取るタイミングで仕事ができるできないがわかります。仕事ができない人ほど、アポイント日を遅く設定します。仕事ができる人は、今すぐでもやりたがりますし、直近で空いて ...

ReadMore

【年収500万未満の方向け】仕事ができない人の特長

年収1000万円への道【44.仕事ができない人ほどタイピングの基本動作ができていない】

2021/2/12

年収1000万円への道【44.仕事ができない人ほどタイピングの基本動作ができていない】 こんな方にお勧めの記事です。タイピング速度が遅くてしてきされましたが、本当に早さは必要ですか? タイピング速度をあげるべきか悩んでいます。教えてください。 仕事ができない人ほど、タイピングの基本動作ができておらず仕事の速度が遅いです。これは賛否両論ありますが、タイピング速度が遅い人は仕事ができないと私は断言できます。特に若手で、PC操作を日常で行なっている人は、タイピングの基本動作ができていないのは致命的です。年収50 ...

ReadMore

【年収500万未満の方向け】仕事ができない人の特長

年収1000万円への道【43.仕事ができない人ほど仕事の姿勢が悪い】

2021/2/12

年収1000万円への道【43.仕事ができない人ほど仕事の姿勢が悪い】 こんな方にお勧めの記事です。お前には仕事をするときにやる気を感じない。 姿勢が悪い!正せと言われれる。 仕事ができない人ほど姿勢が悪かったです。また、姿勢が悪いと愚痴も吐きがちになり、周りからの評価は一気に落ちます。年収500万未満でこのような特徴がある人は、ぜひ直していきましょう。 20代若手サラリーマン 正しい姿勢で仕事をする必要はありますか?それで評価されるのってどうなのでしょうか? 姿勢が悪いと何が悪いか? ①評価が下がる②効率 ...

ReadMore

【年収500万円以上の方向け】プロサラリーマンの考え

サラリーマンで副業をしてはいけない人の4つの特長

2021/2/12

サラリーマンで副業をしてはいけない人の4つの特長 サラリーマンで副業をすることが当たり前になってくる時代がすぐそこまで来ています。皆さんも副業をしたいという思いで、このブログに立ち寄ったのだと思います。副業をすることは年収が上がることだけでなく、現状の仕事に対しても良い効果を与えることは間違いありません。しかし、まだやってはいけないという人がいます。もし、この特徴にあてはまる人は副業をやる前に改めていきましょう。 サラリーマンで副業をしてはいけない人の4つの特長 1.マネーリテラシーが低い人 マネーリテラ ...

ReadMore

​サラリーマンで年収1,000万円を目指すためのブログ

このサイトは、サラリーマンで年収1000万円を目指すためのブログです。個人事業主や副業ではなく、サラリーマンとして年収1000万円を稼ぐ方法をお伝えします。

なぜ、サラリーマンで年収1000万円にこだわるかというと、サラリーマンで年収1000万になるということは、なった後の可能性の広がりが全く異なるからです。人生100年時代ですから、年収1000万円よりもさらに稼ぐことが求められますし、ビジネスを作り続ける力が重要になってきます。

現状、年収が600万円くらいサラリーマンで稼ぐ力があれば、個人事業主や副業で年収1000万は十分稼ぐことができると思います。しかし、私が目指してもらいたいのは、サラリーマンで組織の所属し、組織の中で評価され、成果を出すプロサラリーマンになることです。

個人事業主で終わる人・ビジネスを拡大できる人

個人事業主で終わる人

個人事業主や副業で年収1000万になったとしても、残念ながら本当の意味で自由になることはできません。なぜなら、自分の手を動かさなくてはいけないからです。個人事業主は、社長兼マネージャー兼プレーヤーという役割を担わなければなりません。そうなると、不安を抱えながら、走り続けないといけないのです。独立して10年生き残るのは10%というデータも出ていますから、個人事業主でさえ維持することも難しい時代です。

ビジネスを拡大できる人

ビジネスを拡大するためには、何十、何百、何千の人を動かしていかなければなりません。個人事業主は自分一人、もしくは数人で完結しますが、ビジネスを拡大するためには、多くの人を巻き込む力が求められます。個人事業主の人が拡大できない一番の壁がここです。組織を大きくできたとしても、30名くらいの中小零細企業程度です。

だからこそ、ビジネスを拡大できる基礎をサラリーマンのうちに身に付けることが必要で、その力が養われているであろう線引きが年収1,000万なのです。

Copyright© 20代・30代で年収1000万を目指すためのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.