【年収500万未満の方向け】仕事ができない人の特長

年収1000万円への道【48.仕事ができない人ほど社内の提出物が遅い】

  1. HOME >
  2. 【年収500万未満の方向け】仕事ができない人の特長 >

年収1000万円への道【48.仕事ができない人ほど社内の提出物が遅い】

こんな方にお勧めの記事です。

社内の提出物が遅くて怒られてしまう。
提出物をださないといけないとわかってはいるが出せない。

年収1000万円への道【48.仕事ができない人ほど社内の提出物が遅い】

仕事ができな人ほど、社内の提出物が遅いです。

結果を出している人でも遅い人はいますが、そういう人は結果が長続きしません。

重要なのでもう一度言いますね。

結果を出している人でも遅い人はいますが、そういう人は結果が長続きしません。

年収500万以下の人で提出物が遅いという人は、早く治してしまいましょう。

20代若手サラリーマン

提出物が遅くてもお客さんに迷惑をかけているわけでないのですが、何がいけないのですか?

提出物が遅いとなぜいけないのか?

①そもそも提出物が遅い人は想像力に欠ける
②応援されなくなる
③提出物に追われて、仕事に集中できなくなる

①そもそも提出物が遅い人は想像力に欠ける

社内で提出する資料、源泉徴収票などの提出が遅い人はビジネスセンスが全くありません。
ビジネスはなんのためにするのでしょうか?利益を出すためですよね?

もし、あなたが提出することが遅れることで、残業が発生していたらどうでしょうか?
人件費がその分発生してしまい、利益が減ってしまいます。

そういうことを考えられない人は、ビジネスセンスはないと言ってもいいでしょう。
もし、あなたが年収500万円以下でそういうことをしていたら、一生年収500万円以上になることは難しいと思います。

②応援されなくなる

これはわかってもらえますよね?提出物が遅ければ、迷惑かける人が増え、迷惑がかかった人はあなたのことを応援してくれません。

仕事は誰かに助けてもらって、進めていくものです。あなたを助けてくれる人がいなければ、うまくいくものもいきません。

そうなるとあなたの年収は増えますか?増えないですよね?

また、応援される人は楽して結果をだすことができます。なぜなら、困ったときにサポートしてくれるからです。

③提出物に追われて、仕事に集中できなくなる

提出物は必ずださなければならないものです。それを催促されながら、仕事をするとどうなると思いますか?

やらなければならない仕事に集中することができずに、注意力散漫になりミスが増えます。

何かに追われながらやることは、マルチタスク状態に陥っており、脳の疲労度が非常に高くなってしまいます。

休日に何か集中して作業している時って、疲れませんよね?それはなぜかというと、一つのことに集中できているからです。そういう状態で仕事すると全くの脳が疲れません。

ラーニングポイント

提出物は必ず出さなければならないものです。同じ出すものでもタイミングが違うだけで、結果に結びつくなら早く片付けてしまいましょう。

まとめ

当たり前のことを当たり前にできない人は組織で通用しません。給与をあげたい、出世したいという人は、提出物は余裕をもって提出しましょう。

年収1000万円を超えるような人は、提出物が遅れることなどありません。

-【年収500万未満の方向け】仕事ができない人の特長

Copyright© 20代・30代で年収1000万を目指すためのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.