プロフィール

  1. HOME >

プロフィール

名前の由来

サラリーマン銭太郎と申します。サラリーマン金太郎に憧れて、スーパーサラリーマンを目指して、気づけば年収は2000万円になっていました。サラリーマン金太郎のように大きな仕事はできていませんが、お金が好きなので銭太郎にしています。

経歴

何かの間違いで上場企業に入社して、痛い目に合いました。周りの同期は優秀で、自分はいつも先輩や上司に怒られていました。学生までは、そこそこ優秀だと思っていたのですが、働いてみるとまったく通用しなかったですね。

1社目:入社してから自分のダメさを知り、たくさん本を読んだり、ビジネススクールに通ったりして、営業ではトップ成績を残しました。それでも年収は600万円止まり。年を重ねて出世しないと年収1,000万円になれないことを知り、転職を決意。

2社目:20代で年収1000万円を目指せる企業に転職。そこでは、早くから部下を持ち、毎年のように出世を重ね20代後半で年収1000万以上に。事業を作る楽しさを知り、新規事業立ち上げに興味を持つ。

3社目:外資系の新規事業立ち上げ企業の責任者に。で外資系のとあるサービスを日本の市場にどう広めていくかにチャレンジ。戦略から実行まですべてのことに携わり、無事に立上成功。毎年、目標の120%を達成し、気づけば年収は2,000万円。

投資

現在、不労所得は500万/月あります。株と不動産からの収入です。収入を高くして、お金がお金を生む仕組みを作ることがとても重要です。何かチャレンジする時に、その不労所得があることで、生活を心配することなく没頭することができます。

また、投資で一番重要だと思うことは、自分の頭に投資することです。
自分の頭に投資することが一番レバレッジが効きます。なぜなら、お金を使って投資をするのは自分だからです。自分が能力が低ければ、投資するお金も作れませんし、投資でお金を増やすことはできません。

だから、投資の優先順位は①自己投資②金融や不動産投資③ビジネス投資です。

③ビジネス投資は初めて出てきた言葉ですが、経営者になることも重要な投資です。
実は、一番レバレッジが効くのがビジネス投資です。しかし、一番、難しい投資でもあります。

だからこそ、ビジネスを立ち上げて10年後残る会社は1割です。とても低い確率です。だからこそ、サラリーマン時代でそのスキルを学ぶことを私はお勧めします。


Copyright© 20代・30代で年収1000万を目指すためのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.