【年収500万円以上の方向け】プロサラリーマンの考え

サラリーマンで貯蓄を増やす考え方。あなたの貯蓄率は何%?

  1. HOME >
  2. 【年収500万円以上の方向け】プロサラリーマンの考え >

サラリーマンで貯蓄を増やす考え方。あなたの貯蓄率は何%?

こんな方にお勧めの記事です。

貯蓄をしたいけどなかなかできない! 貯蓄の考え方を教えてほしい! 具体的な貯蓄の方法を知りたい!

サラリーマンで貯蓄を増やす考え方。あなたの貯蓄率は何%?

皆様、こんにちは。サラリーマン銭太郎です。今回はみんなが大好きな貯金の話をしたいと思います。私も貯金が大好きです!しかし、私は皆さんと違い、不労所得を作るために逆算して貯金をしてきました。その結果、30代前半で500万/年の不労所得を得ることができています。

あなたを会社で例えるなら、利益率は何%か?

あなたを会社で例えるならば、1年間でどのくらいの利益を出していますか?この考え方は非常に重要です。利益とは、あなたが1年間で生み出した現金と金融資産の合計金額です。ちなみに私は、2020年の利益率の目標を30%に設定しています。利益率30%とは、年収1000万円だったら利益として300万円残すということです。年収1000万円の手取りが700万~800万円程度ですから、自分で使えるお金は年間で400万~500万円ですね。実際、会社経営をする上で、利益率は最低5%は必要ですからあなたの利益率も5%を意識したいところです。ただ、5%は現状維持するだけで、さらに投資をして会社を成長させていくためには、利益率は10%~20%を必要とします。だから私は、年収600万円までは20%、700万円から30%と設定していました。年収が上がるほど率を上げている理由は、所得が増えるほど可処分所得が増えるからですね。年収が上がるからといって、生活のレベルをあげてはだめです。生活のレベルを上げるのは、不労所得を作ってからです。ちなみに私の年収別の利益額の目標はこんな感じでした。

年収貯蓄率貯蓄額
400万20%80万
500万20%100万
600万20%120万
700万30%210万
800万30%240万
900万30%270万
1000万30%300万

ラーニングポイント

自分を会社として考えて、どのくらい利益率(貯蓄率)があるか、チェックしてみましょう。年収が高くても貯蓄率が低ければ、利益率が低い会社と一緒です。そうなると自己投資や不労所得のための投資ができません。

生み出したキャッシュは投資に回す!

そして、その生み出したキャッシュで投資を行ないます。株を買ったり、不動産を買ったり、自己投資したりです。企業も利益が出たら、それを次の稼ぎのために投資します。そうやって会社は売上を拡大していくのです。個人も会社のように、しっかりと利益を出し、その利益であらたな投資を行なうと、ラットレースから抜け出すことができるのです。私は、貯蓄率の目標に上記のように実践し、35歳のときには年間500万円の不労所得を得ることができています。

年間500万の不労所得の内訳公開!

内訳でいうと、こんな感じです。不動産収入:360万/年、株の配当:140万/年。不動産収入の360万のうち240万円は、とあるテクニックを使って得ています。これは、世帯年収1,000万円以上あれば、すぐに得ることができるので、知りたい方は問い合わせフォームからお願いいたします。
残りの不動産収入の120万円は3,000万円の中古アパートを半分現金で購入して、5年で払い終えることで手にしました。不動産投資物件は3割以上を現金で購入し、すぐに払い終えることが重要です。なぜなら、不動産投資というのは、銀行にお金を借りている間は、ほとんど儲からないからです。例えば2000万円を金利2.5%、35年ローンで組んだとします。そうするとトータルの支払いは3,000万円です。1000万円銀行に支払うのです。1年間にすると28万円、月にすると約2.3万円です

ちなみに不動産屋は、決して我々の味方ではありません。不動産屋は、仲介手数料をより多くもらうために、物件価格を銀行の融資が通る最大の金額で売ろうとします。そして、不動産屋は、その物件を売った後、我々から物件管理料を毎月数%ずつ取るのです。つまり、不動産投資というのは、不動産屋と銀行が大家を搾取し続けるというビジネスモデルなのです。

よって、私がおススメするのは、投資物件の半分を現金で買い、月々の不動産収入&本業で儲かった利益で繰り上げ返済を行ない5年~10年で完済することです。

そして、株の配当140万円は、配当が良い企業にコツコツと投資することで、得ることができました。20代の時に500万円、30代で1,500万円、合計で2000万円の投資をしました。投資額は2,000万円ですが、今は株価があがり4,000万円くらいになり、配当が100万~150万/年くらいになっています。

20代サラリーマン

なぜ、不労所得を得ようと思ったのですか?普通だったら、遊びや趣味に使いませんか? 私だったら、稼いだら使ってしまいます!

私がなぜ、不労所得を得ようと思ったのか。

なぜ、私が不労所得を得ようと思ったのか、それは、
①嫌な仕事はしたくない
②自由に生きたい(精神的に)
③でも金はほしい

と思ったからです。世の中には嘘が多いです。嫌なことをやるから楽しいことがより楽しく感じるとか。平日頑張って働くから休日が楽しいとか。本当にそうですか?私が楽しかったのは、大学生の時です。何もプレッシャーがなく、毎日好きなことをやって気ままに過ごす。もう1つは、仕事で誰かに貢献した時です。だから、私はこの2つを組わせた楽しい人生を送りたいと思い、不労所得を得る仕組みづくりをしているのです。

お金も時間も自由になるのは誰か?

それは経営者・投資家です。個人事業主ではありません。個人事業主は、ちょっとお金があるように見えますが、時間に追われまくりです。私は絶対になりたいと思わないです。フリーランスなんて言葉が最近流行っていますが、あんな底辺の仕事は、やめたほうがよいですよ。

20代サラリーマン

でも、フリーランスって今、ブームじゃないですか?なぜ、やめたほうがよいのですか?具体的に教えてください。


フリーランスは最高だ!とかいう人もいますが、そう思える人は残念ながら本当に才能がある一握りの人間です。ただ、そういう人も、すぐに経営者や投資家という次のステージに行かないと自分のスキル・ノウハウは廃れてしまい、稼げなくなるのは目に見えています。フリーランスなんて結局は、企業に属さない人を企業が中抜きで安く使っているだけです。もちろん、優秀な人もいますが、時代の流れは早く、そういう人もすぐに必要とされなくなります。(時代の流れでスキルは一瞬で必要とされなくなるからです。)

私もフリーランスの人からかなり相談を受けていますが、彼らはいつも不安を抱えています。『組織に属することは嫌だ!』とか言っていたのに、仕事を持っているフリーランスの下請けの仕事を行なっているのです。フリーランスも組織化されていますから、結局は組織に所属することになってしまうのです。こうなってしまっては、雇用の保証がない分、会社にいたほうがましですよね?

経営者・投資家になるためにはどうすればよいのか?

経営者・投資家になるために必要なことは3つです。
①ビジネスを維持・拡大するためのスキル・知識を得ること。
②投資できるお金を持つこと。
③リスクに備えること。

そして、この3つを得ることができるのは、年収1000万円以上のサラリーマンになることが一番の近道です。年収1000万を目指しながら、投資をしていけば、上記の3つは5年~10年で得ることができます。ちなみに、不労所得で日本人の平均年収くらいは稼げるようにしましょう。その状態になった後は、会社をいくつか買い、今まだ培ったノウハウで、安定成長をさせていきましょう。小さい会社を10社くらい持ち、それぞれの会社から役員報酬500万、経費500万分をもらえれば、年収1億くらいはいけます。もし、すべての会社がダメになっても、貴方には500万くらいの安定収益があるので安心です。家族も路頭に迷うことがなくなります。

まとめ

1億円もらったら何したいですか?と聞かれたとき、貴金属や車、自宅などを考えた人は、搾取される側の人間です。そういう考えを持っていると一生、お金持ちにはなれません。

お金があったら、投資してビジネスを持つこと。小さくてもよいから、自分が動かなくてもお金が入ってくる仕組みをたくさん持つことが重要です。もっと、詳しく知りたい方はこの本を読んでください。私はこの本を20歳の時に読んだことで、不労所得を得ることができています。

-【年収500万円以上の方向け】プロサラリーマンの考え

Copyright© 20代・30代で年収1000万を目指すためのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.