【年収500万円以上の方向け】プロサラリーマンの考え

アフターコロナ・ウィズコロナでサラリーマンが考えるべき5つのこと

  1. HOME >
  2. 【年収500万円以上の方向け】プロサラリーマンの考え >

アフターコロナ・ウィズコロナでサラリーマンが考えるべき5つのこと

こんな方にお勧めの記事です。

コロナウィルスで将来が不安! ビジネスをどのように展開していいかわからない。 とりあえず、今はなんとか生き延びている。

アフターコロナ・ウィズコロナでサラリーマンが考えるべき5つのこと

皆さん、こんにちは。サラリーマン銭太郎です。コロナウイルスによりこれからの働き方について不安を抱えている人が多いと思います。すでに年収が2,000万円ある私ですら不安を抱えています。おそらく、今年は年収がガクッと下がるでしょう。ただ、来年は年収2000万円に戻し、かつさらに増やす自信があります。なぜかというと、コロナウイルスによって変わる社会を自分なりに分析して、これからやるべきことを明確にしているからです。ですから、今は新しい取り組みにワクワクしている真っ最中です。毎日が楽しすぎて、むしろコロナウイルスに感謝しているぐらいです。感謝は大げさに聞こえるかもしれませんが、大げさではありません。コロナウイルスによって、全員が強制的にスタートラインに戻されたのです。早く駆け抜けた人が勝ち残ることができますから、誰よりも早く走りださない手はないですよね?もしかしたら、まだ、立ち止まっていますか・・・?まだ間に合いますから、今回はアフターコロナ・ウィズコロナでサラリーマンが今すぐ考えるべきこと5つをお伝えしたいと思います。

サラリーマンが考えるべき5つのこと

  1. ゼロベース思考
  2. 時代の変化に敏感になれ
  3. 時代に合わせて変化せよ(With コロナ)
  4. 変わらないことを見極めろ
  5. キャリアプランを見直せ

1.ゼロベース思考

コロナによって何が起きたか。簡単に言ってしまうとトランプゲームの大富豪の『革命』です。あなたは大富豪をやったことがあるでしょうか?大富豪で革命が起きるとどうなるのか。それは、前提条件が変わり天と地がひっくり返るのです。それぐらいインパクトのあることですから、いままでやってきた延長上で、ものごと考えては絶対にいけません。特にそこそこ成功している人は、注意が必要です。成功していたからこそ、今までのやり方を踏襲しがちですが、そんなことをしていたら、今まで自分より下だと思っていた人があなたを追い抜いていきます。そこでやってもらいたいことがゼロベース思考です。

「ゼロベース思考」とは既存の枠組みにとらわれず、目的に対して白紙の段階から考えようとする考え方の姿勢のことを指す。既存の枠組みでは、過去の事例や様々な規制などが思考の幅を狭くし、目的への最適な方法への到達を難しくなるため、「ゼロベース思考」で考えようとする姿勢が重要であるとされている。 

コトバンク


言葉の定義づけですとこのような意味になりますが、ここでお伝えするゼロベース思考は、自分に対してゼロベース思考になってもらいたいということです。今、貴方が持っている人脈、スキル、友人、家族、学歴等、あなたを形成するすべてのものがなくなったと想像してみてください。すべてのしがらみ、プレッシャー、プライドを無くしたあなたです。本気で想像してください。ちょっとやけくそになりませんか?まだ、やけくそになっていない人はもう一度、ゼロベース思考をしてください。あなたには、もう何もありません。地位、お金、友人、家族、家のすべてです。ちょっとだけでもやけくそになりませんか?こうなれば、あなたは空っからのスポンジ状態です。なんでも吸収できるようになります。その状態で、アフターコロナ・ウィズコロナの時代に向き合うことが、誰よりも先に成功する行動力に結びつきます。再度お伝えしますが、コロナによって、革命が起きたのです。これはピンチですが、チャンスでもあります。このチャンスをつかむためには、貴方がゼロベース思考になることが重要です。決して、今の成功体験にしがみついてはいけません。

2.時代の変化に敏感になれ

ゼロベース思考になり、これからの時代を生き抜いてやる!と強く思った方は、次に時代の変化に敏感になりましょう。あなたの周りだけでなく、世の中全体がどのように変わっていくのか。あらゆる情報を収集し、自分なりの答えを持ちましょう。間違ってもよいと思います。ただ、やってはいけないことは他人の意見をすべて信じることです。他人が言うことには何か意図があります。もちろん正しい場合もありますが、それだけを信じてはいけません。また、情報というのは立場によって解釈が異なります。大切なことはあなたの立場であなたがどういう答えを出すかということです。ちなみに私の解はこのコラムで伝えていることがすべてです。私は、時代の変化をとらえるために、雑誌や本を手当たり次第読んでいます。(雑誌は、サブスクでたくさん読めるサービスが出ているのでおススメです)しかし、ただ手当たり次第に読むのではなく、私の場合はその情報を発信した人の意図を考えます。

そういうことを常に行なっていると時代の流れが見えてくるのです。発信した人の意図を考えるとは、発信者が、誰に対して、何を思ってもらいたくて、どう行動してもらいたくて、その情報を発信しているのかを読み解くことです。発信者がこの時代をどう捉えて、読者をどうコントロールしたいかを分析することで、世の中のトレンドが見えてきます。

3.時代に合わせて変化せよ(With コロナ)

時代の変化に敏感になり、時代の変化が読めるようになったら、それに合わせて自分を変化させましょうたとえば、コロナによってテレワークが主流になるということがわかっていたら、テレワークを極めることです。例えば、営業マンだったらこんな感じです。①テレワークは一時的なものと言われていたのがなんだか長引きそうだぞ、評価制度も変わっていきそうだ。②これからは、ただ時間をつぶすだけでなく、アウトプットの量や質が求められそうだ。③じゃあ、今までだらだらやっていたことを早く正確にこなせるように業務効率化の本を読もう!④また、営業もテレワークになりそうだ。テレワークで営業する方法について本やオンラインセミナーを見て、他の社員と差を付けよう。もし、あなたが社内トップクラスの営業成績を残していたとしてもテレワーク営業ができなければ、他の社員と同じ、もしくはそれ以下になってしまいます。胡坐をかいていたら、気づけば誰かに抜かされている可能性あります。

ダーウィンの進化論
『最も強い者が生き残るのではなく、
最も賢い者が生き延びるのでもない。
唯一生き残るのは、変化できる者である。』

4.変わらないことを見極めろ

①~③では、環境に適応する重要性についてお伝えしました。そして、④では変わらないことを見極めろというちょっと頭がこんがらがってしまいそうなことをお伝えします。アフターコロナ・ウィズコロナでも変わらないものはあります。それは、本質的なものです。たとえば、人は人生を本質的に楽しく過ごしたい、幸せにすごしたいと思っているはずです。あなたもそうでしょう。これはコロナによって変わることはないものです。コロナによって変わるものはこの本質的なものを達成するための手段が変わるということです。何がいいたいかというと、本質的なもの(目的やゴール)をしっかり理解したうえで、行動を起こしてもらいたいと思います。

5.キャリアプランを見直せ

あなたのキャリアを見直す必要があります。今働いている会社が安定的に成長していくことは、非常に難しくなってきますし、自分ではコントロールすることが難しいです。それは、他力本願であり、路頭に迷う確率が非常に高いです。会社が雇用を守ってくれる時代は終わりました。自分でキャリアを構築していかなければならないのですし、100年間生き続けなければなりません。60歳に定年になっても、働き続けないければならないのです。そうなりたくない人は、以下のステップが重要です。これをやれば、必ず生き残れます。

①稼ぐスキル・知識を身に付ける
・スキル・知識を身に付けるために学校に通う
・スキル・知識が身に環境にいく(転職する)
⇒短期的に食えるスキルを身に付ける
⇒長期的に食える知識を身に付ける

②ビジネスを持つ(起業する、会社を買う)
・身に付けた知識とスキルを活かして、ビジネスを持ちましょう。つまりは、会社を買うということです。今日本では、後継者に悩む経営者がたくさんいます。あなたのスキルと知識を活かして、会社を買ってその会社を経営するのです。

③会社を安定成長させ続ける。
短期的に収益を出すことは誰でもできます。大切なことは安定に成長させ続けることです。
そのためには、①でしっかりと経営の知識を付けておかねばなりません。①を身に付けるために私がおススメをするのは、サラリーマンで年収1000万円を目指すことです。サラリーマンで年収1000万円になれるということは、そうとうなスキルと知識を身に付けることができますし、会社を買うための資金も作ることができます。30代から40代のうちに会社を3つくらい持っておけば、1社あたり500万の給与をもらい、かつ、経費を1社あたり500万使えるようにしておけば、年間3000万円は余裕で超えることができます。そして、60歳を超えたら、株の配当で生活するか、貯めた資金で不動産を購入し、毎月100万円以上が不労所得で入る仕組みを作ることができます。

まとめ

一生社畜として働き続けたいですか?そうでないのであれば、キャリアプランを見直して、スキルと知識、そして経験をしていきましょう。サラリーマンで年収1000万をまずは目指していきましょう。

-【年収500万円以上の方向け】プロサラリーマンの考え

Copyright© 20代・30代で年収1000万を目指すためのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.