【年収500万円以上の方向け】プロサラリーマンの考え

年収600万の生活。年収600万を超えると生活が安定する。

  1. HOME >
  2. 【年収500万円以上の方向け】プロサラリーマンの考え >

年収600万の生活。年収600万を超えると生活が安定する。

年収600万の生活。年収600万を超えると生活が安定する。

年収600万が東京で安定した生活するうえでの損益分岐点である。

東京でサラリーマンとして働くうえで、安定した生活をための損益分岐点は、600万になります。600万を超えると生活が楽になり、そこそこ遊べるようになります。地方だと500万くらいだと思いますが、東京だと600万は必要ですね。

・年収600万の手取り  収入600万円-所得税30万円-住民税30万円-社会保険料86万円≒手取り455万円

 約38万/月 程度の手取りになります。

私が年収600万だった時の支出の内訳はこちらです。

家賃:936,000円、光熱費60,000円、通信費120,000円、美容院:84,000円、スーツ:210,000円(年3着)、ご祝儀:190,000円、株:900,000円、食費:1,500,000円(交際費含む)、洋服代:500,000円 合計4,500,000円

以外とカツカツですが、意外とそこそこいい服が着れて、飲み代も気にせずに済みます。
ちょっと、株とか初めても大丈夫ですね。


周りの友人にも聞きましたが、やはり年収600万を超えると生活が楽になると言っていました。

なぜ、年収600万円になると生活が楽になるのか?

年収600万って高くないですか?そもそもそんなにいるの?っと疑問に思う方もいるかもしれませんので、データを調べてみました。

年収600万の割合は、給与所得者全体の19.9%しかいません( 平成29年の「民間給与実態統計調査」)。

割合がそんなに低いのに600万円ってやっぱりハードル高くない??って思うかもしれませんが、東京都の平均年収を見ると、612万で、年収中央値は572万です(総務省より)。

ちなみに私は、25歳の時に年収600万になりました。

東京に住んでいる人の平均が600万円ですから、東京だと年収600万円ないとリア充な安定した生活ができないということですね・・・。

あと3年以内で年収600万になれる環境にいるか

皆さんは、年収600万になるために、今の会社で何年かかりますか?
都内に勤務していて、3年以内になれないならその会社は辞めたほうがいいかもしれないですね。もし、頑張ってもなれない会社なら、安定した生活ができないので、やめたほうがいいです。なぜなら、頑張ってなれる会社は山ほどありますよ。(探せば・・・。)

大手だからといって、給料安いの我慢しているなら、かなり危険なんで辞めたほうがいいです。よく、いい大学出て名前だけでいい会社だと思っている人いますが、会社なんてすぐ潰れますからね。

だったら、頑張って年収600万円になれるかもしれない環境でチャレンジしたほうが、よいですよ。とくに20代・30代は。

頑張っても給料上がらないって、皆さんどう思いますか?資本主義の社会ですよ?
結局、やりがいを見いだせず、頑張ることもせず、スキルが身につかず、搾取されるだけで終わる・・・。

もし、あと3年で出世して年収600万になれる環境にいないなら、転職したほうがいいですよ。

私は、年収600万に達してそれ以上頑張ってもその会社で年収1000万を超えることは難しかったので、転職しました。そして20代で年収1000万を超え、30前半で2000万円になっています。40までには年収1億にしようと思っています。

目指すのは自由ですので。笑 ただ、目指さなければ、叶わないということだけ、知ってほしいですね。

推薦図書

私がよんで、非常に勉強なった本を紹介します。それは、年収1000万円に届く人、届かない人、超える人です。あなたは、年収1000万円にとどくための思考をしているのかがわかる本です。年収が低い人には必ず理由があります。その多くは、貧乏マインドになっているからです。

稼ぐ人は、物事をどう捉えているのか。稼ぐ思考法を身に付けられる1冊ですので、必読です。ちなみに私は、本を毎月20冊以上読みます。本は1冊数千円なので、一番の自己投資だと確信しています。

-【年収500万円以上の方向け】プロサラリーマンの考え

Copyright© 20代・30代で年収1000万を目指すためのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.