【年収500万未満の方向け】仕事ができない人の特長

年収1000万円への道【31-仕事ができない人ほど目標やノルマを達成できない】

  1. HOME >
  2. 【年収500万未満の方向け】仕事ができない人の特長 >

年収1000万円への道【31-仕事ができない人ほど目標やノルマを達成できない】

こんな方にお勧めの記事です。


仕事で目標が達成できずに悩んでいる。
ノルマ達成ができる人になりたい。
なぜ自分が目標達成できないのか知りたい。
この先、目標達成できないなら転職したい。

年収1000万円への道【31-仕事ができない人ほど目標やノルマを達成できない】

皆様こんにちは。サラリーマン銭太郎です。今回のテーマはビジネスで目標やノルマを達成するための方法です。目標が達成できないとどんどん仕事ができなくなってしまうんです。実は、日本の営業マンの50%の人がノルマを達成できていないという調査結果があります。意外と多いですよね?50%の人が目標を達成できずにいる。そして、目標が達成できないとどんどん自信がなくなり、仕事が上手くいかなくなる。仕事が上手くいかないと給料もあがりませんし、出世することもできませんし、転職してキャリアアップすることも難しいです。営業マンの50%の人は、どんどん負のスパイラルに陥ってしまう可能性があるというのが今の現状です。50%しか達成していないというエビデンスはこの本に書いてあります。※この本は、今後の営業職の方向性についてまとめてあります。めちゃくちゃ面白いのでぜひ読んでみてください。

ラーニングポイント

仕事ができる人でも目標を達成できないとどんどん仕事ができなくなる!ビジネスは目標達成することでしか、評価されないですし、自己肯定感も高まらない!

なぜ、目標を達成できないのか?理由を知り、今後の方向性を決めよう!

20代サラリーマン

目標を達成できないのは、会社のせいなのか?自分のせいなのかわかりません!会社のせいにすると自分の成長に繋がらないと上司は言いますが、それってどうなのでしょうか?客観的に判断する方法が知りたいです!

1.自社の環境を見よう

なぜ、自社の環境を見るかというと、あなた以外の要因で目標が達成しずらい理由を明らかにするためです。あなたは本当はすごく能力が高いかもしれません。しかし、環境が悪く、なかなか目標が達成できない状況だと、あなたの能力は発揮できません。また、そういう負け犬の環境にいると、どんどん自分の能力が下がっていってしまいます。以下の3つの視点で、あなたの会社の状況を見て、ほんとうにその会社にいるべきか、検討してみましょう。

自分の会社に問題があるかチェックする3つの質問!

①自分が所属している会社は、のびている業界に属しているのか?
→伸びている業界に属しているならば、OKです。 
→伸びていない業界に属しているならば、要注意です。

※業界がのびていない場合は、長期的に見て転職を検討する必要があります。
②自分が所属している会社は、業績が伸びているのか?
→毎年平均で105%以上伸びていれば、OKです。
→毎年横ばい、もしくは縮小傾向ならば、要注意です。
※企業が伸びていない場合は、戦略が悪いので、営業マンがいくら頑張っても結果は出ません。

③自分が所属している会社の営業マンは、何割が目標を達成しているのか?
→ノルマ達成率が60%以上ならば、OKです。
→ノルマ達成率が30%以上60%未満ならば、要注意です。
→ノルマ達成率が30%未満ならば、即刻転職です。

あなたが所属する会社の環境はどうだったでしょうか?あまりにも環境が悪ければ、異動や転職を検討しましょう。

ラーニングポイント


営業マンとして結果が出せるかどうかは、外部環境が大きな要因になります。できれば、伸びている業種でかつ伸びている会社、そして、無茶なノルマを掲げない会社がベストです。

2.自分の状況を見てみよう

20代サラリーマン

自分が営業マンとして優秀かどうか客観的にわかりません。新卒で入社したので、客観的にわかるモノサシがほしいです。

全業種共通!営業マンとしてのあなたのレベルはどのくらい?

1.で自社の環境を見てみましたが、今度は自分の状況を見てみましょう。いくら良い環境に属していても、貴方自身に問題があれば、結果は出ません。

①提出物や連絡事項などに遅れがないか? 
〇遅れていない
△たまに遅れている
✕いつも遅れている
②同僚や上司との関係性が良いか?
〇非常によい
△普通
✕関係性が悪い
③自分の任された業務を滞りなく進めているか?
〇しっかりと進めている
△普通
✕滞りが発生している
④新たに発生した業務は自ら手を上げて進んで行なっているか?
〇行なっている
✕行なっていない
⑤新規営業で顧客を開拓できているか?
〇社内平均以上
△社内平均程度
✕社内平均以下
⑥顧客のリピート率は高いか?
〇社内平均以上
△社内平均程度
✕社内平均以下
⑦顧客から依頼される単価は高いか?
〇社内平均以上
△社内平均程度
✕社内平均以下

①~④はスタンスの部分です。これは、能力がなくても高められるものですから、一つでも〇でなければ、あなたの問題が大きいです。⑤~⑥は営業スキルの部分です。社内平均以下の場合は、貴方の問題が大きいです。社内平均以上の結果を出している人がどんなことをやっているかをベンチマークして、徹底的に真似しましょう。

ラーニングポイント

営業マンとして重要なことは、当たり前のことをしっかりやることです。たまに、やるべきことを疎かにして結果を出す人もいますが、それは一時的です。ずっと結果を出している人は当たり前のことをしっかりとやっています。

3.最終判断をしよう

いくらあなたが頑張っても環境が悪ければ、結果は出ません。しかし、あなた自身に問題があれば、環境のせいにはできません。ただ、環境が悪すぎるとあなた自身の問題だと錯覚しがちです。ほんとうに自分の環境がよいのか、悪いのかを知るためには、私も知るため、プロに相談することがおススメです。私は、5社の転職エージェントに登録して、自分自身の市場価値を知りました。一番初めは、市場価値がとても低かったです。理由は、自分自身の問題で、結果が出ていなかったからです。そこから、自身の問題を解決して、結果が出せるようになりました。それからまた、転職エージェントに相談して、伸びている業界、かつ、伸びている会社に転職することができました。もちろん、年収はアップしています。
ぜひ、皆さんも参考にしてみてください。

まとめ

とりあえず、自分の市場価値を知りたい人へ

今すぐ転職したいと思わなくても、転職エージェントに会ったほうがよいです。私も5人くらいの人に会いました。会って自分が市場価値として高いのかというのを知ることは重要です。私もそれがきっかけで、自分自身の仕事のやり方を見直すことができました。

スキルを身に付けたい人へ

スキルを身に付けてから転職すると給料がアップしやすいです。私は、MBAを取って転職しましたが、年収は200万円くらいアップしました。ただ、それ以上にスキルを身に付けると結果が付いてくるので、年収は爆上がりです。

退職したいけどできない人へ

退職したくてもできない!そういう人は最終手段。転職代行を使いましょう。

-【年収500万未満の方向け】仕事ができない人の特長

Copyright© 20代・30代で年収1000万を目指すためのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.