【年収500万未満の方向け】仕事ができない人の特長

サラリーマンならまずは年収500万円を目指すべき理由

  1. HOME >
  2. 【年収500万未満の方向け】仕事ができない人の特長 >

サラリーマンならまずは年収500万円を目指すべき理由

サラリーマンならまずは年収500万円を目指すべき理由

サラリーマンで年収500万未満の方は、まずは年収500万を目指しましょう。年収は500万円には大きな壁があります。実際数字で見ますと、全国民の70%未満が年収500万円であり、年収500万円以上の人は30%しかいません。年収を将来1000万円以上にしたいという人は、まず上位30%に入ることを目標にしましょう。

年収1000万円を目指すためには、まずは通過点である500万円を目指すべきでしょう。

年収500万円になるべき理由

年収が500万円になると生活が一気に安定します。(東京だと600万円くらい必要かもしれません。)年収500万円になると、何がよいかというと自己研鑽にお金を使えるようになります。また、少しですが貯金や投資もなどにお金を使えるようになります。

年収500万になってやることは頭や体験への投資です。間違ってもお酒や車に使ってはいけません。年収1000万円になるためにお金を使うのです。

しかし、年収500万を侮ってはいけません。特に若くして年収500万になるためにはそれなりの努力が必要になります。

まずは、日本の年収の割合を見てみましょう。年収500万円以上って意外と少ないですよ!

①年収500万円未満の割合はどのくらいか?

年収500万円以下の割合は69.11%です。ほぼ70%の方が500万円以下なんですね。年収500万円以上の人は全国民の30%です。あなたはどこに属しますか?

年収男性割合女性割合合計割合
100万円以下97.1万人3.29%312.7万人15.03%409.8万人8.15%
100万円~193.2万人6.56%495万人23.79%688.2万人13.69%
200万円~324.2万人11.01%437.5万人21.03%761.7万人15.15%
300万円~508.9万人17.27%357.9万人17.2%866.7万人17.24%
400万円~524.1万人17.79%224.1万人10.77%748.2万人14.88%
500万円~397.9万人13.51%116.9万人5.62%514.8万人10.24%
600万円~270.2万人9.17%58.8万人2.83%329万人6.54%
700万円~190.1万人6.45%31万人1.49%221.1万人4.4%
800万円~129.4万人4.39%15.6万人0.75%144.9万人2.88%
900万円~83.9万人2.85%9.3万人0.45%93.2万人1.85%
1000万円~
1500万円
164.7万人5.59%15.7万人0.75%180.4万人3.59%
1500万円~
2000万円
35.5万人1.21%3.8万人0.18%39.3万人0.78%
2000万円~
2500万円
11.6万人0.39%1.2万人0.06%12.8万人0.25%
2500万円以上15.1万人0.51%1.3万人0.06%16.4万人0.33%
合計2945.7万人100%2080.7万人100%5026.4万人100%

②20代前半(20~24歳)の年収分布

20代前半(20~24歳)の年収分布です。ほとんどの人が年収500万円以下という結果です。

年収水準割合
140〜180万円16.6%
180〜199.9万円21.1%
200〜219.9万円24.0%
220〜239.9万円17.5%
240〜279.9万円13.7%
280〜339.9万円6.7%
340万円以上1.2%

③20代後半(25~29歳)のの年収分布

20代後半(25~29歳)の年収分布です。100人に一人は450万円以上になるようです。

年収水準割合
159.9万円以下3.6%
160〜199.9万円13.4%
200〜239.9万円33.2%
240〜279.9万円28.2%
280〜339.9万円15.5%
340〜449.9万円4.9%
450万円以上1.1%

④30代前半(30~34歳)の年収分布

30代前半(30~34歳)の年収分布です。年収500万円以上を超える人は2.8%です。

年収水準割合
179.9万円以下6.1%
180〜219.9万円13.2%
220〜259.9万円23.4%
260〜299.9万円22.6%
300〜359.9万円20.3%
360〜499.9万円12.4%
500万円以上2.8%

⑤30代後半(35~39歳)の年収分布

30代後半(35~39歳)の年収分布です。500万円以上は6.2%になります。

年収水準割合
179.9万円以下4.0%
180〜219.9万円9.2%
220〜259.9万円16.8%
260〜299.9万円19.2%
300〜359.9万円23.1%
360〜499.9万円17.4%
500万円以上6.2%

年収500万という境界線

年収500万円になれるかなれないかで人生が大きく変わります。なぜなら、冒頭でお伝えした通り、500万円になると自己研鑽に投資できるからです。また、いろんな体験をして、もっと稼ぎたいという気持ちが芽生え、仕事を頑張るようになりますし、付き合う人のレベルも上がってくるため、年収が上がりやすくなります。

ただ、注意が必要です。20代・30代の年収がずっと低いと、低いことが当たり前になり、思考が貧困になってしまいます。そうなると稼ぎたいという気持ちもなくなってしまうので、
30代前半のうちに到達しておきたいところです。

年収500万円の道のり:企業規模別で見てみよう

サラリーマンで年収500万円という大台に乗るためには、業界によって異なりますが、企業規模別に分類してみました。正確な分け方ではありません。目安にしてください。以下、見ていただいた通り、大企業になればなるほど、若手でも年収500万円に早く到達できます。下になればなるほど難しくなりますが、着実に出世していけば目指せないこともない金額です。

大企業(上場企業レベル)⇒上場企業で年収500万円に到達するのは難しくありません。20代後半になれば、管理職につかなくても500万はほぼ約束されます。

中堅企業(売上10億以上)⇒中堅企業は管理職になれば年収500万円以上が見えてきます。一般社員ですと年齢を重ねないと難しいです。具体的には40代を超えないと難しいかもしれません。

中小企業:(売上1億~10億未満)⇒中小企業は管理職でも上級クラス(部長や本部長)でないと500万円は超えることはないでしょう。職種によっては異なりますが、一般社員ではほぼ無理です。

零細企業:(売上1億未満)⇒役員以上でないと年収500万円以上は難しいです。

年収500万円の道のり:業種別の平均年収ランキングを見てみよう。

規模別でみることも大切ですが、自分がどこの業種に属しているのかということも、とても重要です。以下、マイナビさんが出している業種別のランキングですが、平均年収が550万円以上の業種でないと、若くして年収が500万円以上にならないと思います。

できれば、平均600万円以上の業種がおススメです。https://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/income/ranking/02#ranking

年収500万円の道のり:伸びている業界を見てみよう。

伸びている業界は非常によいです。なぜなら、会社が大きくなりやすいので、若くして管理職になりやすいです。管理職になれば、年収は上がりやすいですから、年収500万円を目指す人は、伸びている業界もしっかりチェックしていきましょう。
以下が、TECH CAMPブログに記載されている伸びている業界です。

IT業界
インターネット広告業界
エンタメ業界
建設業界
医療業界
化学業界
介護福祉業界
人材派遣業界
農業業界
食品業界


上記業界が今後10年間、伸びていく業界です。私の見解ですか、上記業界にITを掛け合わせた企業が伸びていくのではないかと思います。

年収500万円を目指すべき理由のまとめ

これは私の見解ですが、資格職以外で年収500万円を目指すとなると、営業職やコンサルタント職といった、自分の成果に応じて給与が決める職種がよいでしょう。この仕事が給料が高いということもありますが、実績を数字として表すことができるので、転職もしやすいです。

もちろん、ITのスキルとつけることもよいと思います。世の中がお金を払う、企業がお金を払う、業種と職種を狙っていきましょう。

何度も言いますが、年収をあげたいなら、まずは年収500万円を目指していきましょう。
年収500万円になれば、自己投資ができ年収1000万円も夢ではありません。

-【年収500万未満の方向け】仕事ができない人の特長

Copyright© 20代・30代で年収1000万を目指すためのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.